注文住宅のよくある質問|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

注文住宅のよくある質問

注文住宅の建築・建設において、お客様から多く寄せられる質問とその回答をご紹介します。

注文住宅のプラン・見積等の相談をしたいのですが、どの時点から有料になりますか?

注文住宅のラフプランご提案・概算見積までは基本的には無料相談ですが、その後、基本設計契約を結んでいただく時点で有料となります。
設計から施工までの流れはこちらをご参照ください。

注注文住宅で外壁に木を使用したいのですが、問題点を教えてください。

まず気をつけることは何の材料を使用するかです。
色褪せ等を気にされるようであれば7・8年に1回ぐらいのメンテナンス(塗装)をおすすめ致します。
木の割れと反りは絶対に出ないとは言えません。完全なメンテナンスフリーと考えるより、経年変化とうまく付き合い、その木の性質を愉しんでください。

無垢の床材は、反ってしまうと聞いたのですがどうですか?

やはり無垢材ですので、反ると思ってお使いいただいた方が良いでしょう。
暖房器具の使用や加湿器、洗濯物の室内干し等生活スタイルにより違いますが、どうしても反るのが嫌だという方は積層のタイプの方が良いでしょう。しかし、少々の反りも味と考えてください。

注文住宅の構造材の木の種類は何を使用されますか?

木の種類は一種類ではありません、木には適材適所が有りますため、例えば土台や大引きにはヒバ材、柱はヒノキ、梁はベイ松等、家の形や使用用途場所によって異なりますので各お客様・各注文住宅それぞれのご希望に合ったものを相談しながら決定していきます。

どうしても3階建てになってしまうのですが、うまくコミュニケーションが取れるよう計画できますか?

はい。3階建てでも基本的な考え方は一緒です。
2階にオープンなリビングを取り3階に個室を設けるようにすれば学校から帰っても必ずお母さんのいるスペースを通るので声を掛け合うようにすれば良いと思います。
3階建て注文住宅の場合は、家全体を出来るだけオープンにすることは一つのポイントと言えます。

まだ子供が小さいのですが、無垢の床材ってなめたりしても大丈夫ですか?

無塗装品であれば問題ありませんが、塗装で仕上げる場合は塗装の材料をお子様が口に入れても無害な材料が有りますので、注意して選ぶと良いでしょう。

コミュニケーションのために壁を設けないとあるのですが、エアコン等の効率が悪くならないですか?

まずは家全体の気密性を上げる事が大切です。現在は、大抵のお宅にはペアガラスの窓を使用されていますが、やはりそれだけではなく断熱性能や熱効率、通風、採光等も踏まえ設計計画を考えれば問題ありません。冬でもTシャツ1枚で過ごせるような快適な生活が注文住宅では送れます。

暖炉って幾らぐらいかかるの?

本体及び施工費まで入れると、全部で70万円〜100万円ぐらいみておくと良いでしょう。

注文住宅で土地から探してもらう事も可能ですか?

弊社グループ内に不動産関連事業もございますので特選物件はもちろん、お客様に合った土地をご紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る