太陽光発電システム|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

太陽光発電システム

太陽光発電システムをわが家にも!とお考えの方に。
新築でもリフォームでも太陽光発電のことなら横浜のマルナカグループへ。

太陽光発電は家計にうれしい

家計のために、これからの将来のために、環境のために、はじめてみませんか? 太陽の光からたっぷりの電気をつくって、クリーンエネルギーで暮らしましょう。

年間の光熱費<計算条件>○都市がす併用住宅は一般の電気少量310kWh/月、ガス使用量81u/月○電気料金及び都市ガス料金は、各地域の電力会社及びガス会社の単価を使用○オール電化契約時の時間帯別電気料金割合はデイタイム20%。リビングタイム55%、ナイトタイム(温水機器含まず)25%○太陽光発電システム4.2kW○年間予測発電量はシステムの容量、地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、三洋電気発電量シミュレーションにより算出された年間発電量の見込みを使用。また、各々の金額は保証されたものではありません。
年間の光熱費<計算条件>○都市がす併用住宅は一般の電気少量310kWh/月、ガス使用量81u/月○電気料金及び都市ガス料金は、各地域の電力会社及びガス会社の単価を使用○オール電化契約時の時間帯別電気料金割合はデイタイム20%。リビングタイム55%、ナイトタイム(温水機器含まず)25%○太陽光発電システム4.2kW○年間予測発電量はシステムの容量、地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、三洋電気発電量シミュレーションにより算出された年間発電量の見込みを使用。また、各々の金額は保証されたものではありません。

太陽の光で電気をつくる。昼間の電気は太陽光発電でまかなって、余った電気は電力会社に売ることができます。太陽光発電を導入することで、光熱費もグーンと減ります。

太陽光発電とは?

太陽光発電とは?

太陽光発電とは?太陽光発電は、屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光があたると発電します。
この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。
昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。

環境のために太陽光発電でできること

太陽光発電は、その名の通り太陽光で発電するため、二酸化炭素や有害物質を排出することなく、エネルギーをつくり出すことができます。さらに太陽光発電は、石油のように限りある資源を使うこともありません。また、地球に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとすれば、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間で産出することができるといわれています。

太陽光発電の仕組みは?

太陽電池の原理

1. 太陽光が半導体にあたると、「+」と「−」が発生します。
        ↓
2.太陽電池の半導体は2種類に分けられています。
        ↓
3.「+」と「−」が、別々の半導体に集まります。
        ↑
4.2つの別れた「+」と「−」の間に電圧が生まれ、半導体が「電池」になります。

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットは、家庭で使用する電気を作って使用するので、もちろん今まで電力会社から買っていた電気量は少なくなります。そして、発電した電気は電力会社に売り、その分は口座に振り込みになりますので、結果的に電力会社に支払うお金はほんの少し。

太陽光発電の
メリット
太陽光発電の
デメリット
発電した電気を使える 導入コストが高い
余った電気が売れる 減価償却が長い10年〜20年?
環境にやさしい 天候によって発電量が左右される
メンテナンスが少ない 夜間は発電できず、蓄電能力がない
設置場所を確保しやすい 家屋の外観に影響する
停電になっても電気を使用できる 屋根に負荷がかかる
公的な補助金がある  
オール電化やエネファームとの相性抜群  

停電時には電気が使える?
非常用のコンセントとしては使えます。 停電時にはパワーコンディショナの運転は停止しますが、自立運転機能付きパワーコンディショナを使用している場合であれば、手動切換えにより自立運転した場合、昼間天気が良ければある程度の電気を使用することができます。

太陽光発電の価格はいくら? 

シャープ 太陽光モジュール スタンダードタイプ

シャープ 太陽光モジュール スタンダードタイプ @太陽電池モジュール  
Aパワーコンディショナ
B電力モニタ  
C接続ユニット等

メーカーも数社あり、タイプもいろいろ。
屋根材の種類や形状などもあるのではっきりとした金額は難しいところですが、 @〜Cを合わせた希望小売価格おおおよそ3.0kW位で200万円前後とみられます。 (工事費等は含まれおりません)

太陽光発電で家庭で使う電気がまかなえる?

太陽光発電の太陽電池モジュール3kWシステムなら、約55%程度、3.84kWシステムの設置で約70%まかなえる計算です。
太陽電池容量 1kWシステム当たりの年間発電量は約1,000kWh(※1)。
一世帯当たりの年間総消費電力量は5,500kWh/年(※2

image

※1. 東京地区で太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の計算例です。地域や太陽電池の方位、傾斜角度により発電量が変わります。
※2. 省エネルギーセンターホームページ

太陽光発電3kwの場合、面積は?

完成イメージ

完成イメージ太陽光発電の発電量設定が3kW前後の場合
太陽電池モジュールの面積は約20u〜約30u

重さは架台などの設置部材を含めて300〜450kg程度です。

太陽光発電の補助金はいくらでるの?

国の補助金

太陽光発電システムに関する国の補助金は全国どこに設置する場合でも適用条件が同じです。

地方公共団体名 詳細内容

補助金額
補助金・上限
4.8万円/kw
47.952万円

太陽光発電の補助金制度の詳しいご案内はこちらからどうぞ。

地方自治体の補助金

2011年度情報

受付期間:平成23年4月1日〜平成24年2月15日 先着順
募集件数:約2000件(予定額に達した時点で終了) 先着順
平成23年4月11日現在 147件

地方公共団体名 詳細内容
神奈川県 補助金額
補助金・上限
1.5万円/kw
5.2万円
横浜市 補助金額
補助金・上限
1.5万円/kw
6万円
川崎市 補助金額
補助金・上限
2.5万円/kw
8.7万円

たとえば、横浜市で3.5kWの太陽光発電と設置した場合

国の補助金 3.5kW×4.8万円/kW=16.8万円
神奈川県の補助金 3.5kW×1.5万円/kW=5.25万円 上限5.2万円
横浜市の補助金 3.5kW×1.5万円/kW=5.25万円
補助金合計 27.25万円

その他の都道府県や区はこちらでご確認ください。

太陽光発電の寿命は?

太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。

表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合、寿命は20年以上と言われています。また、太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。 「ホコリが付いて、発電能力が落ちるのでは?」との懸念もありますが、たいていの場合、汚れは雨によって自然に流れます。何年かに一度、業者に定期点検を依頼すれば安心です。 なお、パワーコンディショナは10〜15年が寿命と言われているので、設置後10年に一度点検し、必要に応じて取り替えて下さい。

さらなる環境を考えた「エネファーム」or「エコキュート」&「太陽光発電」

太陽光発電でつくった電気は、ご家庭で使うだけでなく、余った分を電力会社に売ることができます(売電)。昨年度より買取価格1kw6円値下げ

■エコキュートと太陽光発電の『オール電化』住宅なら、エコキュートだけの使用より電気代が更にお得。
■エネファームと太陽光発電の『ダブル発電』住宅なら、エネファームだけの使用より電気代が更にお得。
エネファームと太陽光発電の『ダブル発電』は、詳しくはエネファームのページにて。

売電価格は、家庭用の余剰電力の買い取り価格は1kWhあたり住宅用42円 ※1
エネファームと太陽光発電の『ダブル発電』での買い取り価格は34円 ※2
※1 - (単価は平成23年4月1日から平成24年3月31日までに設置申込を受付、平成24年6月30日までに買取を開始した場合に適用)

この買取価格は、設置する年度毎に低減されていくものとされています。
平成22年度以前設置分:48円/kWh、平成23年度設置分:42円/kWh
この結果として、10年〜15年程度で投資回収が可能になると考えられる。
(経済産業省より)

『ダブル発電』34円にたいして、東京ガスでは『ダブル発電』をご使用されるお客様に対しキャンペーンを実施します。

エコキャッシュ=余剰電力(kWh)×単価9円/kWh
上限:4.5万円/年(税込)

詳しくはエネファームのページにて。

トップへ戻る