建築工法について|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

建築工法について

注文住宅の建築工法

マルナカホームの注文住宅・木造注文住宅の在来工法と2×4(ツーバイフォー)工法の特徴をご紹介します。

注文住宅 在来工法とは?

image

image 在来工法は「木造軸組工法」と呼ばれる日本の伝統的な建築工法です。柱を垂直に建て、柱と柱を梁(はり)で繋ぐ軸組で建物全体の荷重を支えます。
従来は木材にミゾを刻んでかみ合わせる工法を用いていましたが、近年では耐久性の強い金具で補強するなど各種補強工法の導入によって耐震性・耐久性が格段に上がりました。
また、なによりも在来工法には、土地の状況やライフスタイルにあわせた自由な空間デザインがおこなえる利点があります。柱と柱の間に大きな開口部が取れるため、大きなリビングルームや吹き抜け、大きな窓など、自由発想の住宅がつくれます。

在来工法の特長

image
1.プランニングの自由度

木造注文住宅・注文住宅のプランニングの自由度やデザイン性に融通が利き、比較的大きな開口部をつくることができるため、他工法に比べて増改築が比較的容易です。

2.耐震・耐久性

最近は工場で材木をカットするプレカットや建築基準法の強化により、材の接合部に金物を用いるなどの合理化、強度・耐久性などの強化が進んでいます。

注文住宅 2×4(ツーバイフォー)工法とは?

image

image 2×4(ツーバイフォー)工法の名称の由来は、主たる構造製材が「約2インチ×約4インチ」であることに由来して「2×4(ツーバイフォー)工法」といいます。 日本での正式名称は「枠組壁工法」です。

2×4(ツーバイフォー)工法の特長

image
1.耐震・耐風性

2×4(ツーバイフォー)工法は、住宅を床・壁・天井を面で構成して6面体をつくります。そのため地震・台風などの外力を面全体で受け止めることができます。

2.省エネ性

2×4(ツーバイフォー)工法の面構造はもともと気密性が高いですが、外壁・床・天井の各面に十分な断熱材を入れることで、さらに高断熱になります。
気密性と断熱性が上がると外気の暑さ・寒さの内部への伝導率が下がり、内気の熱(暖房)や冷気(冷房)を逃がしにくなります。そのため冷暖房のエネルギー効率がよくなります。

3.耐久性

湿気の多い日本の木造住宅は、耐久性を高めるために防湿対策が必要です。
2×4(ツーバイフォー)工法はほとんどの構造材に含水率19%以下の乾燥材を使用してます。また、地盤面には防湿シートを敷き詰めるなどの対策をおこない、土台には防腐防蟻処理をした木材を使用します。
これらの対策によって、住宅の耐久性を高めます。

トップへ戻る