注文住宅で子育て支援住宅プラン:注文住宅で夫婦のコミュニケーション|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

子育て支援住宅プラン

注文住宅で親子の
コミュニケーション

家族が集うリビング・ダイニング・キッチン マルナカホームの注文住宅・木造注文住宅は、リビング・ダイニング・キッチンをオープンスペースとして、家族で共有することを前提に住宅設計をおこないます。
多くの時間を家族がLDKに集まって過ごす。積極的にコミュニケーションをとるために、まず、お互いの顔を見ることから始めようという考え方です。

注文住宅でLDKで勉強を…

image

image リビングダイニングで勉強することにより、子どもたちはわからないことをすぐその場で誰かに聞くことができます。お父さん、お母さんは子どもたちがどんな勉強をしているか、何に興味があるのかを知ることができます。 いつでも子どもからの質問や相談を受け入れることができる環境が、双方の心のゆとりを生むのではないでしょうか。その環境づくりを注文住宅でかなえましょう。
奥行きのあるオープンキッチン・ダイニングテーブル・キッチンの横にあるユーティリティカウンターで、食事の支度をしている目の前で本を広げる。子どもたちはお母さんに質問しながら勉強し、お母さんは子どもと会話をしながら食事の支度をする。
勉強をしているかたわらでお母さんが食事をつくっているので、子どもが味見をして「お母さん、おいしいよ」と答えれば、お母さんも意欲が湧いてうれしくなります。

五感を使いながら学ぼう!
五感を使いながら学ぼう!

注文住宅でリビング・イン・階段

image

image 子どもが学校から戻ってくると、「ただいま!」もそこそこに、自分の部屋に閉じこもってしまうことがありませんか?またはお父さんの帰宅すら気づかないことはありませんか?そこで当社が考える注文住宅では、家族共有のスペースであるLDKに階段を設けることをご提案します。
LDKに階段があれば、玄関から2階の部屋へ、誰にも姿を見られずに直行というワケにはいきません。必ず家族の誰かと顔を合わせることになります。
先に子どもが「ただいま!」と帰ってきて、1日の出来事をおやつを食べながら話す。そして父親が帰宅したときは「おかえりなさい!」と声をかける。また、帰宅した父親が「ただいま!」と言いながら着替えをしに2階へ上がる。上階と下階の往来の中に、自然と家族の会話が増えるでしょう。

リビング・イン・階段で、ドア・ツー・ドアよ、さようなら!
リビング・イン・階段で、ドア・ツー・ドアよ、さようなら!

注文住宅で暖炉を囲む

image

image 誰もが抱く暖炉のイメージは、「火を囲んで家族が集まる姿」ではないでしょうか。当社がご提案する暖炉の設置も「(家族の)輪」をつくることにあります。
もちろん、暖炉でなければならないというワケではありません。囲炉裏、座り心地がよくて長居したくなるソファーセット、寝心地のよいフカフカのカーペットでコミュニケーションがとれる注文住宅を建てましょう。。 LDKを居心地よくして家族を集め、そこでコミュニケーションを図ることができるものであれば何でもOKです。
最近は両親が共働きの世帯、帰宅時間の遅い親を持つ子どもがたくさんいます。帰宅後から就寝までの限られた時間の中で、十分な親子のコミュニケーションをとるために、暖炉などで「人だまり」をつくることをご提案します。

暖炉に人が集まる、会話がはずむ、絆が深まる
暖炉に人が集まる、会話がはずむ、絆が深まる
トップへ戻る