注文住宅で子育て支援住宅プラン:注文住宅で将来の生活変化に対応|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

子育て支援住宅プラン

注文住宅で遊びの中から学ぶ

遊びを通して自然に遊べる空間 幼い子どもは、なんでも「遊び」に変える天才です。家事も「おままごと」の延長であり、お父さん、お母さんの「ごっこ遊び」も社会性を学ぶための大切な行為です。
マルナカホームの注文住宅・木造注文住宅は、日常生活を通して子どもが遊びながら学べる空間デザインを注文住宅でかなえます。

注文住宅で本棚の共有

image

image 子どもが読んでいる本のタイトルをご存知ですか?
また、子どもは、ご両親がどのようなことに興味があるかご存知ですか? 
当社の注文住宅・木造注文住宅は、家族間で本棚を共有することをおすすめしています。
LDKに書庫スペースを設けたり、2階の廊下に本棚を置いたりすることで、家族それぞれがいま何に興味を持っているのかがひと目でわかります。お父さんが新聞を読んでいるそばで、子どもが本を読む。両親がむかし読んでいたマンガを子どもたちが読む。そんな本棚を共有できる注文住宅ならそこから家族のコミュニケーションが生まれるでしょう。

本棚を共有し、お互いが何に興味を持っているかを知ろう
本棚を共有し、お互いが何に興味を持っているかを知ろう

注文住宅でキッチンでお手伝い

image

image 小さな子どもにとって、家事はおままごと。お手伝いをさせるのではなく、日常の家事を見せることで子どもは家事に対する興味を自然に抱くでしょう。
たとえばアイランドキッチンで家事をしているお母さんのそばで、子どもが読書している姿を想像してください。そこには会話が生まれ、また、忙しく調理しているお母さんを手伝いたいという感情を持つかもしれません。踏み台があるキッチンなら、子どももお手伝いがしやすくなります。お手伝いって楽しいな――、そんな気持ちがうまれる注文住宅はうれしいですね。

おままごとを通じて家事に興味を持ってもらう
おままごとを通じて家事に興味を持ってもらう

注文住宅で子ども自身ができること

image

image 子どもの興味は成長と共にどんどん変化します。その過程の中で自立心を芽生えさせてあげましょう。たとえば「洗濯物、自分でたためるかな?」「遊んだおもちゃ、おもちゃ箱に片付けてみようよ!」「この食器、ひとりで洗えたらすごいね!」。
親が何でもしてあげるのではなく、自分でできることは自分でさせる――。そんな暮らしが子どもを成長させるのです。
当社の注文住宅・木造注文住宅では、子どもの成長にあわせた家具レイアウトや高さ設定など、子どもがお手伝いしやすい空間デザインをご提案します。
たとえば子どもの手が届く位置に棚を設ければ、自分で使う食器を自分で取り出すことができ、自分の洗濯物を収納することもできるでしょう。アイデア次第で子どもができることが増え、子どもに自信を持たせることができます。
当社の注文住宅・木造注文住宅は子どもの成長過程とご要望に応じたさまざまなアイデアをご用意しております。

自立心が芽生える『お手伝い』のススメ
自立心が芽生える『お手伝い』のススメ
トップへ戻る