ショールームに行ってみよう!|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

ショールーム・住宅展示場 
【住まいを考えるポイント】

マルナカホームのショールーム・住宅展示場は、家族の「つながり」を大事に考え、間取りや使う物にはたくさんの時間を費やして考えられたプランです。
あなたの家族に合った「家族が幸せになる家」を一緒に創っていきます。

マルナカホームのショールーム・住宅展示場のポイント

ショールーム・住宅展示場 家族のコミュニケーション場所【リビング・ダイニング】

家族のつながりを深める場所【リビング・ダイニング】

image

image家族が1日のはじめと1日の終わりに集まる場所がリビング・ダイニング。
このリビング・ダイニングをどのようにつくるかで家族のコミュニケーションが大きく違ってきます。コミュニケーションがなぜ大切なのでしょうか?
お互いが今何を感じているのかを理解してあげることが重要です。一番は「話を聞いてあげる」ということ。子供の場合、話を聞いてもらうことで安心感や親との一体感を感じたいからです。話しかけやすい間取り、話しかけやすい姿勢が理想的ですね。

もっと聞いてみたい方はこちら

ショールーム・住宅展示場 家族の幸せにつながる【キッチン】

子どものしあわせ・夫婦のしあわせにつながる【キッチン】

image

imageキッチンは誰のためにあるのですか?
各家庭によって違うので、キッチンの形は何がいい。とは一概には言えませんが、是非!子供には食育をおすすめ。
幼い頃からいろいろな体験をさせて、見る・嗅ぐ・聴く・味わう・触るの五感を使った料理を体験させてはいかがでしょうか。五感が活性化されれば感性が豊かになったり、敏感になって人を思いやったり、創造力も育て、考える力も増すそうです。
ちなみに夫が料理を作ったり、片づける家庭は夫婦円満の傾向があり、父親が家事をしていない家庭で育った女の子は一生結婚しないと答える人も多かったんだそう。これはもう夫婦だけの問題ではないみたいです。

もっと聞いてみたい方はこちら

ショールーム・住宅展示場 親も子もお互いの目に届く【キッズスペース】

子どもコーナーで片付けのできる子に【キッズスペース】

image

image家を建てるきっかけで多いのが、子供が生まれるから。子供が生まれて今住んでいるところが手狭になってきたから。という人が多いものです。
マルナカホームへ打合せに来られるお客さまも実際小さなお子さま連れの方がたくさんいらっしゃいます。一生で一番大きな買い物の打合せはどうしても時間が長くなってしまいがち。
そんな時、お子さまは飽きて愚図ってしまうことがあります。そんなときに助かるキッズスペースを完備しました。兄弟がいる子や、一人遊びができるようになった子どもたちは、いつも元気に活用しています。家でもリビングの一角などに子どもスペースを設けてあげることで、お片付けの練習にもなります。

もっと聞いてみたい方はこちら

ショールーム・住宅展示場 家族に+αのうるおいを【エクステリア】

家族で楽しめるくつろぎの場所【エクステリア】

image

imageエクステリア・外構は後回しに考えがちで、建物とのバランスが取りずらいこともしばしばです。
お庭には、家のセキュリティの役割や、見て楽しむお庭、ガーデニングを楽しむお庭、家族の憩いの場、駐車スペースの場など、エクステリアにはいろいろな使い方があります。
お花いっぱいのお庭にしたい!家庭菜園ができるお庭にしたい!ウッドデッキのあるお庭にしたい!など住まいと街をつないだ計画をしませんか。どんなに狭小地でも小さな花壇があるだけでグッと住む人も家も豊かになるものです。

もっと聞いてみたい方はこちら

ショールーム・住宅展示場 家族の安全と癒しと安心感【サニタリー】

ほんの少しの工夫で使いやすく【サニタリー】

image

image水回り、ここでは洗面所・バスルーム・トイレをさします。まず第一に考えて欲しいのは、冬でも暖かい場所であってほしいということ。ヒートショック(温度差による体が受けるダメージ)のない住まいで快適に過ごしてほしいということです。
そしてバスルームは1日の疲れを癒す場所でもあります。お風呂が好きなご家族なら癒しとなる要素を考えてみるのもひとつです。(マルナカホームのショールームにはバスルームはございません)そして、洗面所・トイレはプライバシーを確保したい場所ですし、工夫次第で快適空間にもなります。あなただけのスペースを是非つくってください。

もっと聞いてみたい方はこちら

ショールーム・住宅展示場 建物を長持ちさせる【外観】

家は見た目だけではもったいない【外観】

image

image外観の仕上がりはお客様の選んだ色や物で、随分違ってきますが、実は似たような外観でも少しでも建物を長持ちさせるような工夫があったり、外壁をキレイに保ちたいという希望を叶える商品があったり、夏の熱を少しでもどうにかしたいなど、注文住宅ならではの希望も少しのことで変わってきます。見えない部分の活躍は大きいのです。

もっと聞いてみたい方はこちら
トップへ戻る