注文住宅で若い2人のプラン:注文住宅で将来の生活変化に対応|横浜・川崎の注文住宅ならマルナカホーム

若い2人のプラン

注文住宅で将来の生活変化に対応

家族と一緒に家も成長させよう 現時点でお子さまがいなくても、将来的には子どもが欲しいとお考えのご夫婦も多いのではないでしょうか。
夫婦2人だけで住まう家を、家族構成の増減にあわせて変化させたい。ただし、大規模なリフォームは望まない――。そのようなご要望にお応えする、さまざまな仕掛け・アイデアを凝らした注文住宅・木造注文住宅をマルナカホームはご提案いたします。

注文住宅で書斎を子ども部屋にチェンジ

  • image
  • arrow
  • image

image 書斎、ホビールーム、ウォークインクローゼットなど、プラスα的な使い方をするスペースを子どもの誕生や成長にあわせて変化させる。これが当社の「成長する家」注文住宅。
スペースを変化させることは大規模なリフォームが必要になり、費用や工期を心配される方もいるでしょう。
しかし、当社の注文住宅・木造注文住宅では、事前にスペースの用途変更を想定した注文住宅の設計をおこない、リフォームなしに家具の配置替えだけで「成長する家」を実現させます。具体的には、子ども用ユニット家具※を用い、室内の家具レイアウトの変更で子ども部屋をつくります。

家具配置を変えれば、書斎が子ども部屋に!
家具配置を変えれば、書斎が子ども部屋に!

注文住宅で2人で使うキッチンが、子どもが手伝えるキッチンにチェンジ

  • image
  • arrow
  • image

image 子どもは親の姿を見て成長します。いずれ生まれる子どものために、家事をしている姿を見せられるキッチンを注文住宅でつくりませんか?
キッチンは夫婦一緒、親子一緒に使えるのが理想です。現在は夫婦仕様でも、子どもが使いやすいシステムキッチンを導入すれば、将来、親子一緒に家事を楽しむことが可能になります。

■ 子どもも使えるシステムキッチン例
・火事の心配がない、火を使わないIHクッキングヒーター
・子どもの背丈に配慮した、棚の位置・配置
・子どもの台座として使用できる、システムキッチン下部の引き出し
夫婦でも親子でも使いこなせるキッチン
夫婦でも親子でも使いこなせるキッチン

注文住宅で長くいられるダイニングを勉強スペースにチェンジ

  • image
  • arrow
  • image

image 夫婦2人きりのときは、夕食後のひとときを一緒に過ごしてコミュニケーションを図る場として、子どもがいるときは親子のコミュニケーションを図る場として、お互いを干渉しあわない、付かず離れずの適度な距離感を保つダイニングを注文住宅でご提案いたします。
たとえば新聞を読んでいるお父さんのそばで子どもが宿題をし、わからないところを質問する。すこし離れたキッチンにいるお母さんが2人の様子をうかがい、「ひと息ついたら?」と温かい紅茶持ってやって来る――。このようなシーンが日常的にあるご家庭は、絆の深いファミリーであるに違いないと私たちは考えます。

居心地のよいダイニングは、夫婦.親子の距離を縮めます
居心地のよいダイニングは、夫婦.親子の距離を縮めます
トップへ戻る