中古一戸建ての住宅診断| お住まいの住宅診断、ホームインスペクションをおこないます。

中古一戸建ての住宅診断

最近では手ごろな価格帯や立地条件の良さ、リノベーションなどで空間を自由につくれるなどで、年々人気が高まる中古住宅。しかし、「ちゃんと住み続けられるのか」「傷んでいる部分があるのではないか」といった中古住宅ならではの不安を抱えている人が多いでしょう。

そんな不安を事前に判断できるのが、ホームインスペクション(住宅診断)です。

横浜マイホーム診断では、これから購入・入居する前の住宅を診断しております。

床下 水まわり 柱 畳 室内 外壁 天井裏 屋根
image
屋根
  • 瓦のひび割れはないか

  • 塗装の剥がれはないか

  • 雨どいにサビはないか

「遠くから目視で大きなダメージがないか確認した後、2階から1階の屋根をチェックします。状態によっては屋根材の補強や葺き替えを行います」

image
天井裏
  • 軸組にどのような金物が使われているか

  • どのような工法が採用されているか

  • 雨漏りはしていないか

「天井の中まで上がって、使われている金物・工法を確認。建てられた年代の建築基準法に基づいているかをチェックします」

image
外壁
  • ひび割れや剥がれはないか

  • 浮きはないか

  • 苔や水の染みがないか

「診断棒で壁を叩き、浮きがないかどうかを音で判断します。水の染みがあったり、苔が生えている場合は雨漏りしやすい可能性があります」

image
室内
  • 水の染みやカビはないか

  • 壁紙の剥がれや破損、浮きはないか

  • 仕上げ材の下の状態

「壁はクロスや塗装といった表面の破損だけでなく、内部の状態まで診断棒で叩いて確認します」

image
畳
  • 畳の下にカビが生えていないか

「カビが生えている場合、その下の床板も腐食している可能性も」

image
柱
  • ゆがみがないか

「レーザー水平器を使って柱がゆがんでいないかを見ます。すべての階を貫く"通し柱"を含め、主要な柱のチェックをします」

image
水まわり
  • 建具が浮いたり、隙間ができたりしていないか

  • 水が漏れていないか

「建具の動作不良や土台が腐っていることが考えられます」

image
床下
  • 土台が腐ったり破損していないか

  • シロアリの害はないか

  • キッチン、浴室、トイレ、洗面所からの水漏れはないか

「現状を正確に把握するためには床下がもっとも重要。特にトイレ、洗面、浴室は水が漏れて、木が腐っていることが多い。床の上から見た後、床下に潜って両方から見ています」