木材の基礎知識|マルナカ住宅資材|建築資材の販売

木材の基礎知識

SPF材とツーバイ材の違いは?木材の種類が多すぎてわからない
DIYに初挑戦!という方には、木材選びから悩んでしまうものです。“さぁやるぞ〜!”とホームセンターに行ってはみたものの、似たような色々な木材がずらりと並んで、“いったいどの木材を選べばよいかわからない”ということに。
まずは、木材のことをちょっと知っておきましょう、DIY初心者さん向けの加工しやすい手頃な木材をご紹介します。

価格も手ごろでで安心!DIY初心者さんにおすすめのSPF材

  • 「SPF(エスピーエフ)材」とは、マツ科でトウヒ属のスプルース(Spruce)、マツ属のパイン(Pine)、モミ属のファー(Fir)の頭文字をとって総称した輸入建築材のこと。この3種類の木材は強度も見た目もよく似ているため、「SPF材」がこの樹種のどれになるかは流通具合に応じて変わります。そのため価格もお手頃で、DIY初心者さんには失敗しても怖くない安心な木材と言えます。
  • 木肌はインテリアにも馴染みやすい白ベースで素朴な質感から、DIY愛好者さんにも人気が高いSPF材。

SPF材の長所と短所

  • SPF材はDIYには最適な木材ですが、耐水性が低いので屋外で使用する際は防腐処理をした方が良いでしょう。また、SPF材は「やわらかく加工が容易」「丈夫で軽量」「面取されている」のでDIY初心者さんにはとても扱いやすいですが、一方で曲がり・ねじれ・反り・割れなども起こります。
  • これは空気中の水分を吸ったり吐いたりする無垢ならではの木の呼吸による伸縮が引き起こす変形で、ニスなどを塗って木の呼吸を止めることで変形を防止できますが、せっかくの無垢材の素朴な質感は失われてしまいます。

SPF材使用の工夫

  • DIY初心者さんがSPF材を使用する際には、棚やベンチ椅子など多少変形しても大丈夫ものから始めてみると良いでしょう。また、直射日光や冷暖房など乾燥しやすい場所に置いてしまうと、変形しやすくなります。
  • 変形を防ぐにはこの様な場所を避けると良いでしょう。

DIY初心者さんも購入簡単ツーバイ材

  • よく耳にする「2×材(ツーバイ材)」とは、もともと2×4(ツーバイフォー)工法の住まいに使用される木材のこと。
  • 「SPF材」が木材の材質を表す名称で、「ツーバイ材」は”2×4”“1×6”などインチ単位で規格サイズを表す名称です。現在日本で流通しているツーバイ材のほとんどがSPF材なので、ツーバイ材とSPF材を同じものと考えても支障はないでしょう。

木材の“フィート”ってどれくらいの長さ?

  • フィートは木材の長さを表しています。1フィートは304.8mm。販売店によっては一の位を切り捨て(3フィート=914.4mmを910mmなど)表示しているところもあります。
  • 木材を購入する際は、長さに余裕を持たせるか実際に測ってから購入しましょう。
CONTENTS
DIYとは?
初心者の方へDIYアドバイス
木材をお探し致します